2019年5月18日土曜日

軽井沢ブループラーク認定の建物で食事ができる場所は?


























軽井沢ブループラークとは?


聞きなれない言葉だと思いますが、
『ブループラーク』とは、イギリスで150年程前に始まった制度で、
歴史的な建物や、著名人が関係している建物などの外壁に青い銘板を設置し、
建物の歴史などを後世に継承していくことを目的としたものです。


つまり、歴史的な建物は壊さずに大事に残しておこう!という事なのですが、
このブループラーク制度、
2017年から軽井沢でも始まり、公開・非公開あわせて50件以上の建物が認定されています。
本日はその中から、公開されていて、食事ができる建物を3つご紹介したいと思います。


目次
1.初期の軽井沢別荘の雰囲気を存分に味わうならここ!カフェ『涼の音』
2.別荘建築の巨匠と音楽の伝道師のコラボレーションを堪能するならここ!『エロイーズカフェ』
3.あの世界的アーティストを偲びながらリフレッシュするならここ!喫茶店『離山房』



1.初期の軽井沢別荘の雰囲気を存分に味わうならここ!カフェ『涼の音』


最初にご紹介するのは、旧軽井沢にある『旧松方家別荘』を改装してできたカフェです。
明治時代の総理大臣、松方正義の孫『松方ハル』氏の別荘で、『旧ライシャワー別荘』とも
呼ばれ、国の登録文化財に指定されています。

1927年(昭和2年)頃の建築ですが、外観は、弁柄塗りの板張り、石積みの暖炉があり、

明治時代の、宣教師たちが過ごした初期の別荘と特徴が似ており、
軽井沢の別荘の歴史を感じる事ができるカフェです。


喫茶『涼の音』


















2.別荘建築の巨匠と音楽の伝道師のコラボレーションを堪能するならここ!『エロイーズカフェ』


次にご紹介するのは、日本の子供たちに音楽を広めることに生涯をささげた音楽家
『エロイーズ・カニングハム』が数億円の私財を投じて建設した音楽ホールを改修して
つくったカフェです。建物の設計は、別荘建築の巨匠『吉村順三』。
おススメは『宣教師が愛したフレンチトースト』。
軽井沢で最初に別荘を建てた宣教師
『アレキサンダー・クロフト・ショー』が伝えたと言われるレシピを再現したとの事。
とろふわな食感で絶品です。

『エローズカフェ』





3.あの世界的アーティストを偲びながらリフレッシュするならここ!喫茶店『離山房』


塩沢湖の近く、通称グルメ通りと呼ばれる場所にあり、
ビートルズのジョン・レノンが家族で通っていた喫茶店です。
殺害される前の年まで3年間、軽井沢で夏を過ごし、3日に1回は来ていたそうです。
店内にはビートルズの曲が流れ、ファンならずとも感慨深いものを感じます。
ブルーベリージュースが好きだったようです。

喫茶店『離山房』























そして、この『離山房』から徒歩30秒ほどの場所にあるのが、
土屋ホーム軽井沢モデルハウス。
いつもここで仕事をしています。離山房にお越しの際はお立ち寄り下さい。



















以上、食事ができるブループラーク認定の建物をご紹介させて頂きましたが、
実は、弊社でリフォームのお手伝いをした別荘の中にも、ブループラーク認定された別荘がございます。
明治42年に英国人宣教師、J・キルビーが建てた別荘を、現在のオーナー様が、
冬も快適に暮らせるようにしたフルリノベーションした別荘です。


詳しく知りたい方は、下記ご参照下さい。
https://www.hometopia.jp/gallery/details/d145/






















という事で、別荘建築、別荘リフォーム、別荘管理、不動産売買などなど・・・
軽井沢情報、別荘情報を豊富にご提供していますので、
是非、土屋ホームトピア軽井沢リフォームスタジオにご相談下さい。


お問い合わせは・・・
http://www.hometopia.jp/karuizawa/contact.php?category=4


また、月に一度、弊社銀座ショールームで軽井沢セミナーを行っていますので、
別荘に関するあらゆるご相談も承ります。

軽井沢セミナー in 銀座にご興味のある方は・・・

https://www.hometopia.jp/event/


土屋グループ銀座ショールームにご興味のある方は・・・

https://www.hometopia.jp/branch/ginza/

軽井沢リフォームスタジオのホームページは・・・

2019年4月13日土曜日

軽井沢の別荘建築に影響を与えた3人の建築家とは?
























軽井沢の別荘の歴史は、
明治21年に、アレクサンダー・クロフト・ショーが別荘を建てたことから始まりますが、
今回は、軽井沢の別荘建築に影響を与えた3人の建築家をご紹介します。


目次

1.キリスト伝道者で実業家のウィリアム・メレル・ヴォーリズ
2.旧帝国ホテル建設で来日した、近代建築の巨匠の弟子、アントニン・レーモンド
3.別荘建築の巨匠でレーモンドに師事、日本代表、吉村順三


1.キリスト伝道者で実業家のウィリアム・メレル・ヴォーリズ


まず最初にご紹介するのは、軽井沢ではヴォーリズ建築として知る人ぞ知る、
『ウィリアム・メレル・ヴォーリズ』です。
キリスト教伝道者として明治38年に来日、軽井沢で60棟以上の別荘建築設計をを行い、
公開・非公開含め、約20棟近くが現存しています。
公開されているものは、
塩沢タリアセン内にある『睡鳩荘』、旧軽井沢にある『軽井沢ユニオンチャーチ』が有名です。

軽井沢にはヴォーリズレーンという小道があり、

9尺2間の山荘と呼ばれる『旧ヴォーリス別荘』や、『旧アームストロング別荘』などの、
非公開の建物を探しながら散策するがおススメです。
ちなみに、ヴォーリスを紹介する時は、
『メンソレータムを日本に普及させた実業家』と言ったほうが、
全国的にはピンとくるかも・・・です。


睡鳩荘(塩沢タリアセン)



ヴォーリス山荘(ヴォーリズレーン:非公開)






















2.旧帝国ホテル建設で来日した、近代建築の巨匠の弟子、アントニン・レーモンド


次にご紹介するのは、
ヴォーリスの来日から遅れること14年、大正8年に、帝国ホテル建築のため、
近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライトのスタッフとして来日した建築家、
『アントニン・レーモンド』。ヴォーリズ同様、軽井沢ではレーモンド建築として有名です。

最も有名なのは、観光客や結婚式の写真撮影によく使われる『聖パウロ教会』で、

他にも、塩沢タリアセン内にある『ペイネ美術館(軽井沢 夏の家)』が公開されています。
ヴォーリズ建築同様、非公開の、『軽井沢新スタジオ(旧レーモンド別荘)』、
レーモンド最後の作品である『足立別荘(樅の木の家)』などを探しながらの散策がおススメです。
(おそらく見つけられないと思いすが・・・)


軽井沢新スタジオ(非公開)




















足立別荘(愛宕:非公開)






















3.別荘建築の巨匠でレーモンドに師事、日本代表、吉村順三


最後にご紹介するのは、日本を代表する建築家『吉村順三』。
先ほど紹介したアントニン・レーモンドに師事し、別荘建築の巨匠と呼ばれています。

最も有名なのは、小さな森の家と呼ばれる、『軽井沢の山荘(吉村山荘)』で、
軽井沢特有の湿気から建物を守るために、基礎を兼ねた1階に木造の2階をのせた、
宙に浮いているかのような外観が特徴です。

軽井沢の別荘地内を散策すると、至る所に似たような形の別荘があり、

これは吉村順三設計か、それとも真似して設計した別荘なのか・・・。
そんな事を考えながら散策するのもおススメです。
旧軽井沢にある『脇田美術館』も吉村設計。是非ご覧ください。



吉村山荘




















脇田美術館




















以上、軽井沢の別荘建築に影響を与えた建築家をご紹介させて頂きました。

という事で、軽井沢情報、別荘情報を豊富にご提供していますので、
是非、土屋ホームトピア軽井沢リフォームスタジオにご相談下さい。


お問い合わせは・・・
http://www.hometopia.jp/karuizawa/contact.php?category=4

また、月に一度、弊社銀座ショールームで軽井沢セミナーを行っていますので、
別荘に関するあらゆるご相談も承ります。


軽井沢セミナー in 銀座にご興味のある方は・・・
https://www.hometopia.jp/event/


土屋グループ銀座ショールームにご興味のある方は・・・
https://www.hometopia.jp/branch/ginza/


軽井沢リフォームスタジオのホームページは・・・

2019年3月17日日曜日

知って得する!軽井沢の中古別荘、失敗しない選び方は?

























今回は、軽井沢で中古別荘を選ぶ際、
どのような点に注目すれば、より良い別荘を手に入れることが出来るか、
軽井沢で、別荘リフォームを専門に仕事をして、たくさんの中古別荘、古別荘を
見てきた立場から、独断と偏見で、軽井沢中古別荘の失敗しない選び方を
3つのポイントでご紹介したいと思います。


目次


1.ビギナーの方は、比較的築年数が浅い別荘がおススメです。
2.古別荘を選ぶ場合は、『カビ臭さ』に注意。
3.中古別荘がある場所の、土砂災害警戒区域の有無をチェック!



1.ビギナーの方は、比較的築年数が浅い別荘がおススメです。


別荘に求めるものは非日常の空間。
一般住宅のようなつくりの建物よりは、多少古くても、昔の軽井沢らしい、
別荘らしい雰囲気のある建物を好まれると思いますが、
あまり古過ぎると、利用してから修繕費用がかかる、図面や建築時の確認申請書類が無い、
凍結防止帯が無く水道凍結の心配がある、虫の大量発生などなど・・・。
初めての方は築年数で選ぶという考え方も一つです。
もちろん、軽井沢ライフサポート、別荘管理を手掛けている我々を頼って頂ければ
きちんとアドバイス致しますので、古い別荘でも構いませんが・・・。
























2.古別荘を選ぶ場合は、『カビ臭さ』に注意。


どんなに古い別荘でも、『リフォーム屋』から見ますと、
デザインを素敵にして、快適に過ごすことのできる別荘に再生(リノベーション)
することができます。しかし、唯一完全に解消できないのはカビ臭さ。
もちろん改善することは出来ますが、新築別荘のような完全体にするのは、
これまでの経験上難しいと言えます。
購入後の対策で、ある程度のカビ臭解消が見込めるかどうか、がポイントです。
カビ臭さもまた別荘の醍醐味にひとつ。という考えの方もいらっしゃると思いますが、
断熱施工と、気密・換気施工でかなりの改善はできますので、事前にご相談下さい。
























3.中古別荘がある場所の、土砂災害警戒区域の有無をチェック!


軽井沢では、平成27年に土砂災害警戒区域等が指定されました。
もちろん、防災や安全、生命・身体の保護を目的とした、大変重要なものですが、
自然や景色、非日常を求めるのが別荘。
昔からある別荘は、山や傾斜地に建つものも多く、今更区域指定されても・・・、
という別荘所有者の本音が多いのも事実です。
しかし現実は、山の中にある軽井沢の別荘地に関して、広範囲にわたり警戒区域指定されています。
別荘なので、事前情報をしっかり収集して、危険性のある場合は利用しないこともできますが、
もし別荘を売るとなった時に、人気と価格面で支障が出てくるかもしれません。






















以上、軽井沢中古別荘の失敗しない選び方、3つのポイントでした。


住宅は、一般的には一生に一度の大きな買い物と言われていますが、
別荘はセカンドハウスであり、別荘所有者にとっては、一生に一度の買い物ではないのもまた事実。
庶民には考えられませんが、即決でポンと別荘を購入する富裕層の方も少なくありません。
しかし、いずれにしても高い買い物であることは間違いありません。
失敗するより成功するほうがいいですよね。


という事で、軽井沢情報、別荘情報を豊富にご提供していますので、
是非、土屋ホームトピア軽井沢リフォームスタジオにご相談下さい。


お問い合わせは・・・
http://www.hometopia.jp/karuizawa/contact.php?category=4

また、月に一度、弊社銀座ショールームで軽井沢セミナーを行っていますので、
別荘に関するあらゆるご相談も承ります。

軽井沢セミナー in 銀座にご興味のある方は・・・

https://www.hometopia.jp/branch/karuizawa/

土屋グループ銀座ショールームにご興味のあるかたは・・・
https://www.hometopia.jp/branch/ginza/


軽井沢リフォームスタジオのホームページは・・・









2019年2月15日金曜日

少し違った視点での軽井沢別荘ライフの楽しみ方は?

























日常から抜け出して、ゆったりとした時間を過ごすことができる別荘ライフ。
別荘で静かに『自然と暮らし』を楽しんだり、『食』を楽しんだり、『遊び』を楽しんだり等々。
いろいろと充実した時間の過ごし方がありますが、
今回は、少し違った視点で、軽井沢別荘ライフの楽しみ方を、3つのテーマでご紹介いたします。


目次
1.別荘地を散歩して、歴史的別荘を探してみよう。
2.軽井沢にある教会めぐりをしよう。
3.浅間山を、色々な場所とシチュエーションで堪能しよう。


1.別荘地を散歩して、歴史的別荘を探してみよう。


軽井沢の歴史的な別荘には、
『バンガロー建築』『ヴォーリズ建築』『レーモンド建築』『あめりか屋建築』
という4つの建築方式があり、その多くが昔からの別荘地である旧軽井沢にあるので、
旧軽井沢の別荘地を散策すると出会うことができます。


『軽井沢文化財 歴史的建造物マップ』というパンフレットに、
公開しているもの、非公開のものを含めてたくさんの建物が掲載されており、
軽井沢別荘の歴史を学んで、別荘地の雰囲気を味わいながら散策すると、楽しさ倍増です。
軽井沢の歴史を体感することができ、さらに軽井沢が好きになること間違いなしです。


【写真】軽井沢の第一号別荘

























2.軽井沢にある教会めぐりをしよう。


宣教師たちの避暑地だっただけあって、軽井沢にはたくさんの教会があります。
その中で私がおすすめする3つの教会をご紹介します。


〇おすすめ第3位は、『聖パウロ教会』。
近代建築の三大巨匠フランクロイドライトの弟子、アントニン・レーモンドが設計した教会です。
外国人観光客や、新郎新婦の記念写真撮影場所としても人気の場所です。
レーモンドが設計した建築物は、他にも軽井沢に存在し、レーモンド建築と呼ばれています。


〇おすすめ第2位は、『ショー記念礼拝堂』。
明治21年に、軽井沢で初めて別荘を建てたカナダ人宣教師の、
アレキサンダー・クロフトショーによって創設された礼拝堂で、
避暑地軽井沢発祥の地と書かれたショーの胸像が設置されています。


〇そしておすすめ第1位は、『石の教会』。
アメリカ人建築家、ケンドリックケロッグが設計した、
石とガラスとコンクリートでできた独特の外観で、世界的にも珍しい無教会思想の教会です。
内部は何とも言えない神々しさがあり癒されます。


どの教会も出入りは自由で見学は無料ですので、1日かけて教会めぐりをしてみてはいかがでしょう。
結婚式や式典などが行われている時は見学できないのでご注意です。


【写真】石の教会
























3.浅間山を、色々な場所とシチュエーションで堪能しよう


軽井沢では、浅間山の雄大な景色が眺められます。
浅間山は標高2568メートルの活火山で、軽井沢周辺の町や隣県の群馬県にまたがっており、
少し足を延ばすと、軽井沢から眺める浅間山とは違う浅間山が堪能できます。


御代田町から見る浅間山、佐久市から見る浅間山、北軽井沢(群馬県)から見る浅間山など、
場所やシチュエーションの違いでいくつもの表情を見る事ができます。
その中でも私のおすすめは、御代田町のとある場所。
大草原の中にパン屋さんがぽつんとあり、その背景に浅間山があるシチュエーションです。
それがこちらです。




















さらに最近のおすすめは、
南軽井沢の八風の郷という別荘地に、
山一帯を使った、ヨーロッパの田園風景を彷彿させるウェディングリゾートホテルができたのですが、
その敷地内から見る浅間山は、最高のロケーションです。




















写真で見るより、実際に生でみると何倍も感動します。


『いろんな表情の浅間山楽しむ』
これが、最後におすすめする軽井沢別荘ライフの楽しみ方です。


軽井沢リフォームスタジオでは、リフォームと別荘管理のお手伝いだけでなく、
軽井沢の別荘ライフにかかわる事全てに、対応とアドバイスさせていただきますので、
ご相談のある方は軽井沢リフォームスタジオへお問い合わせ下さい。

お問い合わせは・・・

http://www.hometopia.jp/karuizawa/contact.php?category=4


また、月に一度、弊社銀座ショールームで軽井沢セミナーを行っていますので、
別荘に関するあらゆるご相談も承ります。

軽井沢セミナー in 銀座にご興味のある方は・・・
https://www.hometopia.jp/event/ginza_66/


土屋グループ銀座ショールームにご興味のあるかたは・・・
https://www.hometopia.jp/branch/ginza/


軽井沢リフォームスタジオのホームページは・・・








2019年1月14日月曜日

意外と知らない? 軽井沢別荘の、湿気対策のポイント

























標高が1000mある軽井沢は、湿度が高いために湿気に悩む人が多いですが、

別荘となると、
使っていない期間が長い為、湿気によるカビに困っている方が、定住者に比べて更に多くなります。


そこで今回は、リフォームで行う軽井沢別荘の湿気対策のポイントを、
3つのテーマに絞ってご紹介いたします。


目次
1.湿気が侵入しやすく溜まりやすい床下をまずは改善しよう。
2.外壁で湿気を防ぎ、内壁では湿気を受け入れよう。
3.大規模なリノベーションなら24時間稼働する熱交換型換気システムが可能。


1.湿気が侵入しやすく溜まりやすい床下をまずは改善しよう。


湿気は、建物の床下や外壁から入ってきます。そして、特に湿気がたまるのが床下です。
通常、基礎には空気を通すために換気口を設けてありますが、自然で行う換気には限界があります。
そこで、床下に換気扇を付けて、機械で強制的に空気を動かして湿気の滞留を防ぎます。
これにより、床下から室内に上がってくる湿気を外へ逃がす事ができます。
また、床下に防湿コンクリートを施工して、地盤から湿気が入るのを直す方法もあります。


【写真】床を一度撤去し、防湿コンクリート施工して湿気の侵入を防止






















2.外壁で湿気を防ぎ、内壁で湿気を受け入れよう。


床下と同様、外壁も湿気の侵入口になります。
古い別荘、夏仕様の別荘は、外壁に断熱施工がされておらずすき間だらけです。
そのため外の湿気がどんどん侵入してきます。
特に、日当たりの悪い北側の外壁面にある収納内の壁が、カビで黒ずんでいるのが代表的な例です。
しかし実は、壁の断熱施工と気密施工をしっかり行う事で、これらは改善されます。
もちろん換気も忘れずに・・・。


さらに内壁には、漆喰や珪藻土などの自然素材を使用する事で、
湿気を吸ったり吐いたりして調湿されるので、カビ臭さや空気環境の改善になります。


【写真】外壁面の壁に断熱材をすき間なく施工する事で、湿気の侵入を防止






















3.大規模なリノベーションなら24時間稼働する熱交換型換気システムが可能。


基礎と柱や梁など、構造材だけを残してフルリノベーションするような大規模の場合は、
新築で採用されることの多い、24時間熱交換換気システムを設置する事ができます。
これは、室内のカビ臭くて汚い空気を排出し、外のキレイな空気を取り込んで熱交換をして室内全体に回すため、
室内全体を一定温度に保ち湿気を減少させる仕組みです。
これを採用すると、カビの発生は限りなくゼロに近くなり、快適な室内環境となります。


【写真】構造材だけを残してフルリノベーションする時の、解体後の状態






















以上3つのテーマに絞って、
リフォームで行う軽井沢別荘の湿気対策のポイントをご紹介させて頂きましたが、
軽井沢の、湿気の多い土壌に建築されている古い別荘はカビが生えやすい環境になっており、
現状のままで利用する場合は、別荘管理を依頼して、定期的に通風換気作業をしてもらう
事が必要になります。


軽井沢リフォームスタジオでは、リフォームと別荘管理、どちらも対応しておりますので、
もっと詳しく知りたい方は軽井沢リフォームスタジオへお問い合わせ下さい。
お問い合わせは・・・
http://www.hometopia.jp/karuizawa/contact.php?category=4


また、月に一度、弊社銀座ショールームで軽井沢セミナーを行っていますので、
別荘に関するあらゆるご相談も承ります。

軽井沢せセミナー in 銀座にご興味のある方は・・・
https://www.hometopia.jp/event/


土屋グループ銀座ショールームにご興味のあるかたは・・・
https://www.hometopia.jp/branch/ginza/



軽井沢リフォームスタジオのホームページは・・・


2018年12月9日日曜日

寒冷地軽井沢、断熱のポイントは?

























軽井沢もいよいよ本格的な冬がやってきました。
避暑地として、軽井沢の別荘で過ごすというスタイルが昔は一般的でしたが、
最近は、一年を通して別荘を利用する人が増えてきています。


そこで問題になるのが、
『夏仕様で建築されている軽井沢の別荘では冬を快適に過ごす事ができない』という事。
そこで今回は、夏仕様の別荘を、冬も使えるように断熱リフォームをする時のポイントを、
3つのテーマでご紹介いたします。


目次
1.家の中から熱が逃げる部位は窓が圧倒的。優先順位NO.1は窓を断熱仕様に!
2.外壁、床下、天井裏の断熱は既存建物に合わせて。種類と厚さが重要!
3.完璧に近い断熱性と快適性を追求するなら・・・、実は気密施工がポイント!


1.家の中から熱が逃げる部位は窓が圧倒的。優先順位NO.1は窓を断熱仕様に!


築年数が古く、夏仕様で建築されている建物の場合、
建物から逃げる熱の割合は、全体を100%とすると、窓などの開口部から逃げる割合は
約40~50%と言われており、建物内部の熱の半分近くが窓から逃げてしまいます。
その為、窓を断熱性能の高いものに交換するだけでも、断熱性能はぐんと上がります。


軽井沢の古い別荘の多くはガラスが1枚の単板ガラス窓になっており、
これを複層ガラスの窓に変えることで、断熱効果が高まります。
複層ガラスとは、2枚の単板ガラスの間に中空層(乾燥空気)を封入した構造のガラスですが、
複層ガラスにも様々あり、高断熱複層ガラスといって、特殊金属をコーティングし、
通常の複層ガラスよりも更に断熱性能の高いものもあります。
ちなみに、軽井沢リフォームスタジオではこの高性能複層ガラスを標準でご提案しています。


また、窓の交換には外壁や内部の壁の補修が必ず発生します。
もっと簡単に断熱窓にしたいという場合、既存の窓枠の内側に新たな窓枠を取り付けて
複層ガラスを入れる、断熱内窓改修という施工方法もあります。




―高断熱複層ガラスにリフォームした事例~大開口でも安心の断熱性能です―
























2.外壁、床下、天井裏の断熱は既存建物に合わせて。種類と厚さが重要!


より新築に近い断熱性能を求める場合、やはり窓だけの断熱では不十分。
建物の、床や壁や天井にも断熱施工が必要になってきます。
そこで、断熱方法は、内断熱?外断熱? さらには充填断熱?吹付け断熱?板張り断熱?・・・。
となることが多いと思います。


が、今回は少し視点を変えてみたいと思います。
新築の場合は、一番断熱効果の高い外断熱をおススメするかもしれませんが、
リフォーム・リノベーションの場合はちょっと違います。


内断熱、外断熱、充填断熱、吹付け断熱、板張り断熱・・・。
それぞれ一長一短ありますが、
基本的には、どれもきちんとした施工をすれば、十分断熱効果のある優れた断熱方法です。
そしてリフォームの場合は、既存の建物がありますので、その建物の形状や状態に合わせて
床、壁、天井それぞれに適した断熱方法をご提案しています。
更に、地域によって、使う断熱材の種類と厚さを考える事で、国で定められた省エネルギー基準を
満たす断熱性能にすることができます。


つまり、リフォームにおける断熱施工のポイントは、『断熱方法』ではなく『使う断熱材の種類と厚さ』です。
おそらく新築会社の営業マンは、自社で施工する断熱方法が一番ですと言うと思いますが、
リフォーム屋はちょっと視点が違います。その建物には何が最適か?を考えて断熱の提案をしています。


―壁と屋根面に吹付け断熱施工をしている事例~建物の状況のあわせて断熱提案致します―










3.完璧に近い断熱性と快適性を追求するなら・・・、実は気密施工がポイント!


断熱窓にして、床・壁・天井に断熱施工をして、新築並みの断熱性能を手に入れた!
と思ったら大間違いです。
より完璧を求めるなら、断熱性能の高い窓や断熱材を使うだけでは不十分。
断熱性能とあわせて重要になってくるのが、気密性能です。
つまり、『建物全体のすき間を無くす』事です。


見た目には分からなくても、建物全体を見ると沢山のすき間があります。
いかに断熱性能を向上させても、目に見えないすき間が多ければ、効果は半減です。
そこで、気密性能を高めてすき間を減らすことが重要になってきます。


具体的には、断熱窓を取り付ける時に、サッシの枠と建物構造体の接する部分に
気密テープを使って施工する、板状の断熱材を使用する場合、断熱材と断熱材の継ぎ目に
気密テープを張る、断熱材と仕上げ下地材の間に気密シートを張るなどです。
こういった、細かい部分をしっかり施工するかどうかが、断熱リフォームのポイントです。


―気密シートですき間無く施工している事例~軽井沢では虫の侵入対策にも効果的です―






















このように、寒冷地軽井沢の断熱ポイントをご紹介させて頂きましたが、
断熱・気密など、出来上がってしまうと見えなくなってしまう部分の施工を
きちんとしていることが、軽井沢の別荘で快適に過ごす為にはかかせない条件なのです。
























もっと詳しく知りたい方は軽井沢リフォームスタジオへお問い合わせ下さい。
お問い合わせは・・・
https://www.hometopia.jp/karuizawa/contact/contact.php


また、月に一度、弊社銀座ショールームで軽井沢セミナーを行っていますので、
別荘に関するあらゆるご相談も承ります。


軽井沢セミナー ㏌ 銀座にご興味のある方は・・・

https://www.hometopia.jp/event/


土屋グループ銀座ショールームにご興味のあるかたは・・・

https://www.hometopia.jp/branch/ginza/



軽井沢リフォームスタジオのホームページは・・・